ルールを学んで、新しいゲームをプレイしてみよう!

Latest basic strategy of blackjack

ブラックジャックの最新式基本戦略

 

あなたの唯一の判断材料はハンドの合計値とディーラーのアップカード(表になっているカード)である場合、プレーの基本戦略がハンドを作る最善の方法なのは周知の事実です。

この科学的に正確な戦略は正確なルールによってわずか0.5%しかハウスエッジを減らせられませんが、最新式基本戦略を採用することで従来の基本戦略よりさらに向上させることができます。

ディーラーが10のアップカードであなたのハンド合計値が16であることを想定してみます「サレンダー(降伏)は利用不可」。従来の基本戦略(トータル ディペンデント型戦略とも言う)は16で「ヒット」するよう述べています。長期戦の場合、スタンドと比較して少ない金額の損失で済むからです。www.casiqura.com/ けれども、従来の基本戦略の判断材料にならないものは役作りです。2枚のカードが10と6または9と7から構成される合計値16には違いがあることがわかります。例えば3枚のカード4、5、7で合計16になりますが、3枚で16の場合はスタンドする方が良いでしょうが一方で、2枚で16の場合はヒットするべきです。

3枚以上合わせて16になるハンドをスタンドすべき理由は、ハンドにある1枚(以上)の小さい値のカードがもう入手できないからです。この小さい値のカードは16のハンドをヒットする際にパットハンドを作る必要があるものであることは明白です。入に入 れられないこれらのカードの数枚(覚えていますか?既にハンドにあるカードです)は、オッズをヒットよりもむしろスタンドへシフトするにはしのげます。

戦略が役作りによって決まるもう1つのハンドは、ディーラーのアップカード4に対して自分のハンドの合計が12で始まる場合です。トータル ディペンデント型戦略はディーラーの4に対して12でスタンドするよう述べています。とは言うものの、実のところ配られ方は4つ(12:10-2、9-3、8-4、7-5)あります(6-6もありますが、ペアでスプリットになります)。特に10-2の場合は、ディーラーの4に対抗して若干ながら「ヒット」する方が良いのに対して、9-3、8-4、7-5の場合は「スタンド」する方が好ましいです。

「10-2がある時、ハンドに10ポイントを1枚維持することで、1枚以上のカードを引くことによりバストするリスクに有利に働くのに過不足がないヒットだからブレークする機会はスタンドよりもむしろ若干低くなる。とは言うものの、8デッキゲームの場合、16ポイントの内の10ポイント1枚は128ポイント(16x8)の内の10ポイント1枚を取り出すよりもかなり飛躍的になるという理由からデッキ数が増えると減少する。したがって、6以下のデッキにおいては、ディーラーのアップカード4に対して10-2から成る12をヒットする方が得策だが、8デッキゲームの場合はスタンドが好ましい。」とSchlesingerは付け加えています。

 

さらにハウスエッジを減らせられるもう1つの上級プレーテクニックは、他のプレイヤーのハンドにベットすることです。変なプレーだと思っていませんか?しかし、これはれっきとして合法です(ベットしても良いとそのプレイヤーが許可する場合に限る)。他のプレイヤーのハンドにどうしてベットするの?理由は、いくつかのハンドの場合、あるプレイヤーは優勢だけれども実現しそうにないのであなたにその状況を上手く利用するチャンスを与えるためです。

 

あなたの隣のプレイヤーが20ドルベットしてディーラーの10に対して7と4が配られていると想定します。そのプレイヤーはこのプレーにおける基本戦略がダブルダウンだとわかっているけれども、ディーラーが10を見せているのでもう20ドル出そうか渋っているようで、そうしないで10ドル分のチップを無理して出し安くダブルダウンしました。Renzeyによれば、「この状況は素早く行動に移さなければならない場合で、彼にチップ10ドルを賭けてプレイヤーにこう言うのさ、“このゲームは君のパートナーとして君にまかせるよ“」

 

実質的にあなたの10ドルはパートナーのハンドの結果にかかっていることになります。

しかしRenzeyによれば、「あなたが有利な確率は9%、だからプレイヤーが自分の全てのアドバンテージをあまりわかっていないならば、思い切って休憩を取ろう。」さらにRenzeyは「君のベットと同じ金額が30分毎に必要以上のダブルダウンをしているので、約0.15%のハウスエッジを減らすだろう」とも付け加えています。

ここからはRenzeyが説明するペアスプリットを含めたもう1つのハンドの相互関係です。パートナーのプレイヤーはディーラーの6に対して7のペアをスプリットしもう1枚7を引くと想定します。プレイヤーは当然リスプリットをすべきですが、彼はこれ以上お金を出すのを躊躇っているようです。Renzeyによれば、「ディーラーの6に対する7は無条件で儲かるハンドだから、君は直ぐに彼に賭けその3枚目の7のスプリット費用を負担すると彼に提案しなさい。君が有利な確率は3%だ。ペアをスプリットした後のダブルダウンが許されるならば、そのハンドで10%のエッジは硬いだろう。」

Main Menu & News

★口コミで楽しめると話題★



お客様の声

" LED APPLEサイト、管理人様こんにちは。友達に教えてもらってこのサイトにたどり着いた、ゲーム大好きな会社員です。スマホゲームも遊びますが、最近ではオンラインカジノのスロットなどを手軽にお昼休みなどにも楽しんでいます。このサイトで色々な情報を読み、ますますオンラインカジノファンになっています。これからも面白くて興味深い記事をアップして下さい! "
Yasue Higa
事務員


" スロットが大好きでパチンコ店などにも足を運んでいましたが、空気が悪いので好きではありませんでした。LED APPLEでオンラインスロットの記事を読み、最近ではパチンコ店に行かず、自宅で、又は公園などで気持ちよくスロットを楽しんでいます。これもすべて、御サイトのおかげだと本当に感謝です。オンラインスロットは種類も多くてジャックポット付きのものもあり、夢も膨らみます! "
Yasushi Fujii
自営業


" 僕はルーレットにはまっています。特にライブカジノのルーレットで何となく本場の雰囲気の中、プレイするのが好きです。これまではスマホゲームにあまり興味はありませんでしたが、LED APPLEのルーレット記事をみて、なぜだか興味がわき、今ではすっかりはまっています。最近ではいろんな戦略の勉強なども始めてしまいました。なかなか奥が深いゲームです。今後も御サイトを参考にしたいと思っているのでルーレットに関する記事待っています!   "
Shinji Toyama
会社員


皆さんの意見をどうぞ!


私たちの場所

  • Led Apple カジノ
  • 25 Cornhill
  • Bridgwater
  • TA6 3AY